ロゴ

二重になる施術の種類や気になる注意点などについてご紹介!

クリニックを見極めるポイント

横浜には二重の施術をしている美容外科クリニックはとても多く、費用もピンきりです。埋没法や目頭切開などを得意とする医師もクリニックで違うでしょう。また改善が難しいとされる眼瞼下垂の治療も、名医がいるクリニックで受けることが重要です。

くっきり二重になるなら名医がいるクリニックがおすすめ!

カウンセリング

眼瞼下垂を治療する場合

眼瞼下垂の場合、一般的には形成外科、眼科での治療がメインです。また病名がついているので保険診療もありでしょう。切らない治療なら、治療痕が目立たないのでオススメです。ちなみに、美容外科の場合症状だけでなく、目元を美しくするといった部分にも力を入れます。そのため、症状の回復のみならず、総合的に治療ができる美容外科クリニックがおすすめされています。

医者

名医の特徴

数多くある美容外科クリニックで名医と呼ばれる医師は、皆共通点を持っています。一つ目は技術が高いこと、2つ目は芸能人映えする綺麗な顔立ちが作れること、3つ目は丁寧な診察を売りにしていることです。これらの特徴を持つ医師にかかれば、眼瞼下垂、目頭切開、埋没法も納得のいく仕上りになるはずです。

室内

施術を受ける前の注意点

目頭切開、埋没法の治療は患者の目によって合う合わないがあります。目頭切開の場合は、目と目の横幅の比率が1:1:1であること、鼻の横幅と目の横幅が同じであること、口の横幅が黒目の距離に等しいことが挙げられます。これらの条件が揃うことで違和感のない仕上りが期待できます。一方、埋没法の場合は、瞼のたるみが多いこと、脂肪が多い人、しっかりとした線を作りたい人が向いてます。二重になる方法は美容外科クリニックでも丁寧に説明してくれるので、カウンセリングを受けましょう。

女性

リスクについて

二重の治療はどの整形よりもシンプルで受けやすいのが魅力的です。しかし、思い通りのラインにならなかったり、仕上りが顔をマッチしなかったりなどのリスクも考えられるでしょう。また、切らない方法だと二重のラインが取れる可能性もあるので、この場合は再度治療しなければなりません。場合によっては瞼が腫れる恐れもありますから、一概に安心とはいえない状況です。しかし、名医にかかればほとんど問題はないといえるでしょう。

他にもこんな記事があります

女性

若返る方法を探そう

肌トラブルは年齢を重ねると増えていきます。そうなると、美容外科や皮膚科で治療を考える時でしょう。中でも、たるみは美容外科クリニックの力なしではどうすることもできない場合もあります。

詳しくはコチラ